現在、私たちを取り巻く自然環境は日に日に悪化しています。
元来、人間は自然の中より様々な法則を学びその法則を現代の文明に取り入れてきたはずですが、便利さの追求や不必要な開発のために森はその姿をかえ、自然としての再生機能を失いつつあります。
森の現象は地球温暖化や生活環境の悪化のみではなく人々の精神にも深く影響を与えます。
私は自然の美しさを問うだけでなく、人間の精神に必要な原始的な自然への欲求を追求しようと思っています。

■1954年山口県生まれ。
■1977年九州産業大学芸術学部写真学科卒業。
■1980年よりフリーとなり、1994年スタジオサラを設立して現在に至る。
■コマーシャルフォトおよび自然を中心としたライフワークを行っている。

●(社)APA日本広告写真家協会正会員
 http://www.apa-japan.com/
●九州造形短期大学非常勤講師
●大分県立芸術文化短期大学 美術科非常勤講師
●九州電塾 運営委員